読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミルオドル ~ICHIBANGAI の Dance な日々~

新宿御苑駅徒歩2分「ICHIBANGAI-dance studio-」より、ダンスにまつわるさまざまなお便りをお届けします。

来週末にはもう本番!? 今回は、加賀谷香作品のご紹介です!!

 

みなさん、こんにちは!

 

本番を来週末(いつのまに!)に控え、

スタジオでは連日、熱のこもったリハーサルが積み重ねられています。

心地よい緊張感が、スタジオの外まで漂ってきそう (*´ω`*)

 

そんな空気を少しでもみなさんにお伝えできたら、と

おそるおそるスタジオに接近!

邪魔にならないように、そーっと窓の外からリハーサル拝見 |д゚)

そして、こっそりひっそり写真撮影!!

 

 

f:id:ichibangai:20170207174136j:plain

 

…うっ、い、いまいち (;’∀’)

 

などとじたばたしているところに、

先日、スタジオにいらしてリハーサルをご覧になった

浦野芳子さんから、加賀谷先生作品

『BLUE TALE Ⅱ~境は心に随いて変ず~』について、

またもや素敵なルポが届きました!!

 

リハーサル風景写真(ちゃんとしたヤツ(^o^;)とともに、

さっそくどうぞ!!

 

 

ミステリアスな世界が見せてくれるものは自分の心!?-キョウはシンに随いて

by 浦野芳子

 

境は心に随いて、とは釈尊の七番目の弟子・シュリハンドクにまつわるエピソードから生まれた禅語である。シュリハンドクは、他の弟子たちのように日々の修行についていけない自分を情けなく思い、釈尊のもとを去ろうとするが、1本の箒を与えられたことから、自分の心がチリや垢に覆われていて、見るべきものが見られなくなっていることに気づく。

つまり、「外界の現象に惑わされていると、心の自由が奪われ、見えるものも見えなくなる」ということを意味する禅語である。

 

この言葉に出会った加賀谷が、天上のミステリアスな世界を踊りで表現したい、と思ったのが4年前。同じ環境を与えられても、心の状況次第でそれを善くも悪くも捉えられる、そういうことを透明な蓮の花、変化する照明、などを用いて作品化した。

今回、ICHIBANGAIの『Assembly』 で上演するのはその拡大版である。

f:id:ichibangai:20170207174204j:plain

 「よく動くダンサーの身体を通して見せるライブパフォーマンスとしてではなく、この言葉の持つ高い意識の世界を見せたい」(加賀谷)

“ポーズをするのではなく空間を動かして”リハーサルで指摘を受けた10人のダンサーたちが動きを再開すると、そこに空間のうねりのようなものが発現する。それはやがて波を創り、時として何か硬質なものに当たりはじけていく。私の目にはそんな風景が映った。

「それこそ、見え方は人それぞれだと思います」(加賀谷)

見えているものは、その時の自分の心に拠るもの、場合によっては心の姿そのものであるのかも知れない。

 

f:id:ichibangai:20170207174235j:plain

以上のように作品の大半を占める部分はシリアスな展開で綴られるのであるが、最後の数分間には思いもよらない”オチ”が用意されている。

柳本雅寛、佐藤洋介そして加賀谷香自身が加わり三人で踊るシーンだ。

「それまでの幽玄で不思議な世界から現実世界へと降りてきて少し滑稽な方向へ流れを変えてみたいと思っています」

ミステリアスな精神世界から、コミカルな現実世界へ―。

それは、どんなに深刻な出来事も角度を変えてみれば滑稽にも見える、というメッセージにつながるのかもしれない。

 

 

 

浦野さんからのステキなルポは、

このあとも続々お届けする予定です (^_-)-☆

 

そして、昨日はスタッフ下見でした。

その様子もまたお知らせしますね。

 

どうぞお楽しみに!!

 

 ICHIBANGAI-Dance Studio-第二回公演『Assembly』は

2月18日(土)、19日(日)の二日間、新国立劇場小劇場にて!


公演概要はこちらから!!

 第二回スタジオ公演『Assembly』

本番まで二週間! 本日は、柳本雅寛作品のご紹介!

 二月になりましたね!

なんだかあっという間に毎日が通り過ぎていきます(+_+)

気持ちばかりが焦ってしまい、

みなさんにいったいなにからお伝えしたものか…と迷う私のもとに、

強力な助っ人が (*´▽`*)!!

 

昨年5月に行った第一回スタジオ公演『ARK』をご覧になったあと

素敵なコメントを届けてくださった、

ライターの浦野芳子さん

(Madame FIGAROに舞踊関係のコラム連載中)が、

今回の作品『Girls without Bar』についての

柳本雅寛先生へのインタビュー原稿をお寄せ下さいました。

柳本先生から届いたリハーサル風景写真とともに、

さっそくどうぞ!!

 

 

『Girls without Bar』

 By 浦野芳子

 

 女の子達が軽快なトークを売りにお酒をお客に勧めるガールズ・バーと

バレエのレッスンバーを掛け合わせたのがタイトルである。

振り付けの柳本は周りにいるダンサーを志す娘たちが

このガールズ・バーなどでバイトをしながら踊っている事に着目したと言う。

 

「自分の目標のために

 仕事とレッスンを両立させる女性たちはたくましい。

 それを作品のモチーフにしたかった」

 

f:id:ichibangai:20170202112211j:plain

ポイントはGirlsとBarの間にWithoutという言葉を挟んだ点。

つまりガールズ・バーのバーカウンターからも、

レッスンバーからも離れて自由になった女性たちが、

ある種の“枠”から解放されるという意味だ。

 

もうひとつ、意味がある。

それはクラシックバレエの基礎をベースに持つ

ネオクラシックと言われるダンススタイルに対して持つ自身の違和感だ。

クラシック・バレエを学んだ後、

ドイツ・オランダのカンパニーで

コンテンポラリーダンサーとして踊る中

ネオクラシックスタイルの作品を踊る事があった、

自分としてはあまり好きになれなかったのだという。

 理由は、形式美の世界が勝ちすぎていて、

”個から滲み出るダンスの領域”を追求していた柳本には物足りなかったからだ、

ゆえに帰国後の後進の育成に携わってからは

ダンサーひとりひとりの個性を生かした作品創りを続ける。

2011年、男性メンバーを軸としたダンスカンパニー

+81(プラスエイティワン)を設立する、

しかし今回の作品は7名の女性ダンサーで構成される。

 

「複数名のユニゾンがピタッと動きを合わせる、

 ということは僕の作品では求めません。

 それよりも個々の持つ身体の言葉、

 身体の表情が解放されて見えること、

 つまりダンサーひとりひとりの心模様が見える、

 そんな作品になればいいなと思っています」

 

f:id:ichibangai:20170202111958j:plain

 

今回の作品にはあえてネオクラシックのスタイルと

自身の力強い動きを混同させ、

ダンサーを”エレガント組”と”ワイルド組”とに分けて鬩ぎ合わせその化学反応を探る。

 

「男性中心で創作する事が多い僕の動きのスタイルを

 女性のみで再現してもらうこの作品は、

 ある意味、チャレンジでもあります」 

 

 

浦野さん、素敵な文章をありがとうございます \(^o^)/

ICHIBANGAI -Dance Studio-第二回公演『Assembly』は

2月18日(土)、19日(日)の2日間、

新国立劇場小劇場で上演いたします。

詳細は、こちらから!!

第二回スタジオ公演『Assembly』

みなさん、ぜひ!!

第二回スタジオ公演より、穴井・金田作品のご紹介です!!

みなさま!

公演本番まで、三週間を切りました!

ぼーーーーーーっとしていた私を尻目に、

作品の創作現場は着々と歩みを進めております!

 

今日は、穴井・金田作品『雪降る夜に』の現場から、

リハーサル写真とともに、金田先生がメッセージをくださいました。

 

なんでも今回の作品、

あのバレエ『ラ・シルフィード』が関係している様子。

 

ラ・シルフィード』といえば、

白鳥の湖』『ジゼル』とともに

三大バレエブランの一つに数えられる

代表的なロマンティックバレエ作品。

結婚を間近に控えた人間と、彼に恋をした妖精が織りなす物語。 

 

背中に小さな羽のついた

ふわふわと柔らかな白い衣裳をまとった妖精の姿は、

バレエをさほどご覧になったことがない方でも、

何となく目にしたことがあるのでは??

 

妖精の世界、そして作品タイトルの『雪降る夜に』。

さぞかし夢見るような幻想的な作品…なのかと思いきや??

 

「『ラ・シルフィード』 (仏: La Sylphide) は

 1832年にフランスで初演されたバレエ作品。

 スコットランドの森の中で踊られる

 ジェームズと妖精シルフィードの世界に

 “今”を生きる現代人が迷い込んで。。。

 バレエを観た事がある方も無い方も楽しめる

 笑いどころ満載の作品を目指して奮闘中…

 人間味を楽しんでいただけたら幸いです」

 

笑いどころ満載ですって!?

f:id:ichibangai:20170130142840j:plain

【左から】  金田あゆ子、梶谷拓郎、穴井豪 

 

ほほーぅ、これは、シルフィードとジェームズでしょうか!?

それとも、迷い込んだ現代人???

 

f:id:ichibangai:20170130143030j:plain【左から】  穴井豪、梶谷拓郎

 

おぉう、なんだか格好いいです!!

 

f:id:ichibangai:20170130143126j:plain

 

んっっ!!?!?

 

金田先生の背中に見えるその姿は、もしや!!

 

「スタジオの皆さんが

 一歳の息子を快く受け入れてくださり、

 子育てしながら踊れる機会を与えてくださいました。

 息子と一緒にアニメを観たりする中で、思いついた作品です。

 きっと皆さんに楽しんでいただけると思います」

 

(*^0^*)

  

そして今回、穴井先生、金田先生と共演される梶谷拓郎さんは、

札幌舞踏会出身、ドイツ・ハンブルグの名門

ハンブルグバレエスクールに留学後、同校在籍中より

ハンブルグバレエ団の数々の公演に参加。

同校卒業後はヨーロッパを中心に活躍。

新進振付家の作品を数多く踊るなどの経験を持つ、

気鋭のダンサー。

帰国後は、フリーダンサーとして活動の傍ら、

振付家としても活躍していらっしゃいます。

 

第一回スタジオ公演『ARK』で、

独特の表現方法と存在感で圧倒的な世界観を表現したおふたりと、

梶谷さんが織りなすコラボレーションにも注目必至です!

 

ICHIBANGAI -Dance Studio-

第二回スタジオ公演『Assembly』 は、

2月18日(土)、19日(日)の二日間、

新国立劇場小劇場で行います。

 

公演概要はこちら!!

第二回スタジオ公演『Assembly』

 

どうぞお楽しみに!!

 

 

 

第二回スタジオ公演@新国立劇場!!

こんにちは!

すっっっっっっっっっっっっかりご無沙汰してしまいまして!

昨年5月の公演を終え、余韻に浸りながら一息…のつもりが、

うすらぼんやりしているうちに、いつのまにか梅雨を過ぎ、

夏を超え、秋を楽しみ、これまたいつのまにか新年を迎えました♪

 

(ぼんやりしすぎだろっ (;'∀')

 

そんな私のもとに、なんと!!

第二回スタジオ公演決定の一報が!!

しかも今回は、新国立劇場で!!

さすがの私の重たい尻(物理的にもw)も、

自然に浮き上がっちゃうくらい素敵なお知らせ!

 

いつですか!? え?2月??

2月18日(土)19日(日)

そうですか~(*^^*)

 

…て、ん??もうすぐじゃん!!(゜Д゜;)

 

重たいお尻を言い訳にしてる場合じゃありません。

さっそく内容のご紹介!

 

公演タイトルは『Assembly』。

スタジオメンバー、そしてみなさまと、

年に一度の大集合!

昨年5月の第一回公演『ARK』で、

みなさまとともに船出をしたICHIBANGAI Dance Studioのメンバーが、

およそ10カ月ぶりに再び集い、

その間に行ったそれぞれの活動成果を持ち寄り、

みなさまと楽しい時間を過ごしたいと思います。

 

さてさて、さっそくラインナップを!

 

「You're the Carmen」

   振付 坂本登喜彦

「one to ③」

   振付 中島 周

「雪降る夜に」

   振付 穴井 豪 金田あゆ子

「キョウはシンに随いて…」

   振付 加賀谷 香

「Girls without Bar」

   振付 柳本雅寛

「Rifka」

   振付 二見一幸

「Black Flower」

   振付 二見一幸

 

※順不同。上演順ではございません。

 

第一回公演で好評を博した、

坂本先生、加賀谷先生、柳本先生、二見先生、

そして穴井先生と金田先生の共同振付作品に加え、

今回は、中島周先生が作品を出されます!

踊るのはもちろん、中島先生ご本人(^^)

さらに!!

二見先生作品の「Rifka」では、

井神さゆり先生が、久々にソロを披露!

 

およそ三週間後に迫った公演!

これから時間の許す限り、

リハーサルの様子や出演者からのメッセージ、

作品情報などをお届けしてまいります!

どうぞお楽しみに!

 

 

『Assembly』

 ICHIBANGAI-Dance Studio- Performance Vol.2

新国立劇場小劇場

☆日時 2017年 2月18日(土) 18:00開演

         2月19日(日) 13:00開演

                         2月19日(日) 17:00開演

     ※開場は各回とも開演の30分前

〇チケット発売中

前売 5,000円 当日 5,500円 日時指定・全席自由

4歳以上はチケット必要。4歳未満は入場不可。

 

〇演目 ※プログラム順ではございません

「You're the Carmen」 

【振付】 坂本登喜彦

糸井千加子 小川しおり 木村美那子 

小林翔子  澤田夏 浜田あずさ

比嘉萌 真鍋明香里  宮川果穂 吉岡玲子(50音順)

 

「one to ③」 

【振付・出演】 中島 周

 

「雪降る夜に」 

【振付】 穴井 豪 金田あゆ子

梶谷拓郎 穴井 豪 金田あゆ子

 

「キョウはシンに随いて…」

【振付】 加賀谷 香

今泉理沙 岡本優香 日下部有香

高橋あや乃  武安由宇里 都丸明子

中原百合香 中谷眞弓  根本なつき 湯川沙代

加賀谷 香 柳本雅寛 佐藤洋介 

 

「Girls without Bar」

【振付】 柳本雅寛

岡本優香 小松詩乃 星野琴美 

矢嶋美紗穂 湯川沙代 

池田美佳 髙原伸子

 

「Rifka」

【振付】 二見一幸

井神さゆり

 

「Black Flower」

【振付】 二見一幸

田保知里 中村真知子 龍 美帆 

長谷川真奈美 清水揚子 大野木純子 荒俣夏美

佐藤洋介 森川次朗 西澤光時 二見一幸

 

☆チケット取り扱い

ICHIBANGAI-Dance Studio-  03-6273-1759

e+(イープラス)     http://eplus.jp/

Confetti(カンフェティ)      http://confetti-web.com/

                                               0120-240-540

*カンフェティ通話料無料・オペレーター対応

 (受付時間 平日10:00~18:00
 

「ARK」終演! ありがとうございました!!

二日間にわたる、

ICHIBANGAI-Dance Studio-第一回スタジオ公演「ARK」

大盛況の中、先ほど無事に幕を閉じました。

 

今日もたくさんの方がいらしてくださいました。

こちら、開場を待つお客様。

f:id:ichibangai:20160505203854j:plain

入場中のお客様。

f:id:ichibangai:20160505203937j:plain

そして終演後のロビーです。 

f:id:ichibangai:20160505204033j:plain

ご来場くださったみなさま、本当にありがとうございました。

おかげさまで、盛況のうちに幕を下ろすことができました。

 

 

「ARK」について、

Madame Figaroにて、ダンス関係のコラムやブログを

執筆していらっしゃる浦野芳子さんが、

感想をお寄せくださったのでご紹介します。

 

「ダンサーとしても作品を提供する側としても、

これだけ魅力的な表現ができる人たちを講師に持っているスタジオは

すばらしいと思います。

新宿御苑の雑居ビルの地下にある、

決して豪華でも大規模でもないスタジオに、

こんなにも素敵な “宝物” がぎゅっと詰まっていたとは、

生徒として通っていたことのある私でも気づきませんでした。

こういう仕事をしていて思うのは、

ダンスというのはもちろんテクニックもあるのですが、

最終的には人なんだと思うんですよね。

これだけの人を惹きつける素敵な作品が作れる人や、

そういう表現ができる人というのは、もう、その人そのものが魅力的。

このスタジオは、『そんな魅力的な人たちから、

何かを教えてもらえるという価値のある空間なんだな』と思いました」

 

そして、作品について、

 

「どの作品にも振り付けた人の人間性が出ていました。

正しいテクニックをきっちりと身に付けていることを前提としながら、

まったく新しい手法をつかった表現をしている作品もあれば、

決して奇をてらったことはやらないのだけど、それでも魅せる…

スピード感とエネルギーにあふれながらも、

それになにか奥深いものがついてくる。

そんな作品もありました。

こんな先生たちがいるスタジオってすごいと思います」

 

さらに!!

 

「もっともっとたくさんの人に見てもらうべき作品がありました。

もったいないから、もっと大きな劇場でやってください。笑」

 

が、がんばります ( ̄▽ ̄;)!!

 

 

ICHIBANGAI- Dance Studio-は、

これからもスタジオ公演やパフォーマンスを

定期的に開催していく予定です。

 

このたびの公演では、

ご来場くださったみなさまをはじめ、

応援してくださったみなさまのお気持ち、

とてもありがたく受けとめております。

 

今後の活動にも、ぜひご注目ください!

どうぞよろしくお願いします!!

 

 

初日!! 大盛況!!

本日「ARK」ついに初日!!

 

f:id:ichibangai:20160504213057j:plain

 

先ほど、無事に終演しました!!

本当に、本当にたくさんのお客様がいらしてくださいました。

  

 f:id:ichibangai:20160504213351j:plain

みなさん、ありがとうございます!

 

終演後に、お客様に感想を伺ってみました。

 

「予想外の展開の連続で、次に何がくるのかわくわくしながら、

あっという間の2時間でした」

 

「振付けもすばらしいし、踊りもすばらしかったのですが、

それだけじゃない、みなさんの魂のようなものを感じました。

舞台装置が凝っている訳でもなく、

照明や衣裳が派手な訳でもなく、

とてもシンプルな空間の中であそこまで魅せるのはすごいと思います」

 

「最初の柳本先生の作品で世界に引き込まれて、

そのまま連れていかれ、最後の2作品(加賀谷作品・二見作品)で

魂を持っていかれました」

 

「どの作品もスケールが大きく、

ダンサーの皆さんの動きも大きかったので、

もっと大きな舞台で見てみたいと思いました」

 

「エネルギーにあふれた舞台でした」

 

「穴井・金田作品、とてもすばらしかったです。構成も照明も面白い。

ダンサーの皆さんも、テクニック、呼吸、ライン、すべてがそろい、圧巻でした」

 

「坂本登喜彦先生の美しい世界観、不思議な安心感とともに鑑賞しました」

 

「今間千佳子先生の作品には、

作品の雰囲気にもダンサーの皆さんにも小川亜矢子先生の存在を感じました」

 

「コンテンポラリー作品が多い中、

今間先生のバレエ作品は、清々しく美しくて気持ちがよかったです」

 

「全く踊りのジャンルが違う人たちが集まっているのに、

不思議な一体感のあるフィナーレも素敵だった」

 

えーっと…つまり……

絶賛ですね( ̄+ー ̄)!?

 

盛ってませんよ!本当です!

みなさん、本当に楽しそうに笑顔で語ってくださいました。

 

「観ないともったいないです!」

 

私もそう思います (*^_^*)

 

「観に来ることが連休明けの仕事のパワーにつながると思います!」

 

はい、その通り!!

明日、5日17時開演の千秋楽は、まだお席に余裕がございます!

13時の回も、当日券のご用意ございます!

お時間ありましたらみなさま、ぜひ足をお運びください。

劇場にて、お待ちしております!!

 

 

 

 

ICHIBANGAI-Dance Studio-

第一回スタジオ公演 『ARK』

 

【日 時】

2016年        5月5日(木・祝)  13:00 / 17:00開演

 

【会 場】

川崎市民プラザ ふるさと劇場

☆最寄り駅☆

田園都市線  梶ヶ谷駅・溝の口駅

渋谷駅より田園都市線でおよそ15分。

都心からのアクセスも便利!

梶ヶ谷駅より徒歩15分。

それぞれの駅からバスもあります。

http://www.kawasaki-shiminplaza.jp/access/

 

【料金】

 5,000円(税込)

※4歳未満入場不可。

※4歳以上のお子様はチケットが必要です。

 

【チケット】

当日券は開演の一時間前より販売

 

【出 演】

二見一幸 加賀谷 香 柳本雅寛 穴井 豪 金田あゆ子

中島 周  佐藤洋介  森川次朗 田保知里 池田美佳 高原伸子

柴 一平  加賀谷一肇 中村真知子 西川卓

吉川文子 箱田あかね 笹崎南映 大口朋子   ほか

 

 

劇場入りしました!!

三連休初日、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

 

本日、劇場入りしました!

 

f:id:ichibangai:20160503163452j:plain

 

ただいま、絶賛舞台稽古中!!

音の確認、照明の確認、立ち位置の確認から作品ごとの通し稽古。

明日の公演初日に向けて、着々と準備が進められています。

 

先日、スタッフ下見の際の様子を少しだけ写真でご紹介しましたが、

スタジオとはまた違う舞台空間の広がり、

そして照明の効果が加わり、

それぞれの作品、さらに深みと彩りを増しています。

 

さっそくその模様をみなさんにお見せしま……

 

せんっ ( ̄▽ ̄)〜♪

 

そこはやはり、見てのお楽しみ。

明日、劇場にてみなさまにお披露目いたします。

 

その代わりといってはなんですが、

二見作品に出演の池田美佳先生から、

つい先ほどメッセージをいただきましたので、

こちらはもう惜しみなく(?)ご紹介します!!

 

「二見先生の作品に出演させていただくのは今回で2回目になります。

前回同様、まず、リハーサルでの

皆さんのプロフェッショナルな意識の高さに驚かされます。

多くを語らなくても、

各々が自分のやるべき事を黙々と積み上げて、クオリティを高めていく…

当たり前の事ですが、

そういう空気が自然に出来上がっていることが素晴らしいなぁと。

そして、今回の作品は、

始まったら最後まで一気に駆け抜けて、

ハラハラドキドキ、

息をするのも忘れるほどの緊張感と高揚感があります。

そのスリルを、劇場でお客様と共に味わえるのが今からとても楽しみです」

 

 

公演本番を目前に控えた緊張感の中、

とても素敵なメッセージをいただきました。

 

休日のひとときを、この劇場空間で、

みなさまとご一緒できたらうれしく思います。

劇場にてお待ちしております!

 

どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

ICHIBANGAI-Dance Studio-

第一回スタジオ公演 『ARK』

 

【日 時】

2016年 5月4日(水・祝) 18:00開演

            5月5日(木・祝) 13:00/17:00開演

【会 場】

川崎市民プラザ ふるさと劇場

☆最寄り駅☆

田園都市線  梶ヶ谷駅・溝の口駅

渋谷駅より田園都市線でおよそ15分。

都心からのアクセスも便利!

梶ヶ谷駅より徒歩15分。

それぞれの駅からバスもあります。

http://www.kawasaki-shiminplaza.jp/access/

 

【料   金】

当  日   5,000円(税込)

※4歳未満入場不可。

※4歳以上のお子様はチケットが必要です。

 

【チケット】

当日券は、開演の1時間前から販売

 

【出 演】

二見一幸 加賀谷 香 柳本雅寛 穴井 豪 金田あゆ子

中島 周  佐藤洋介  森川次朗 田保知里 池田美佳 高原伸子

柴 一平  加賀谷一肇 中村真知子 西川卓

吉川文子 箱田あかね 笹崎南映 大口朋子   ほか