読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミルオドル ~ICHIBANGAI の Dance な日々~

新宿御苑駅徒歩2分「ICHIBANGAI-dance studio-」より、ダンスにまつわるさまざまなお便りをお届けします。

5月スタジオ公演より 穴井・金田作品のご紹介です!

 

みなさん、こんにちは!

 

今日は、穴井豪先生と金田あゆ子先生による作品をご紹介します。

 

第一回スタジオ公演である「ARK」に作品を出すにあたり、

 

「今まで築きあげてきたいい部分、

 新しいさらに変化できる柔軟性、

 改めてより良い発展を目指して行けたらな、

 と思います」

 

と語ってくれたおふたりの合作によるこの作品、

 

タイトルは「Black in-Worm out」。

 

作品作りのインスピレーションを、

形ある「建築」から得ることが多いという穴井先生と、

「音楽」という形なきものから得ることが多いという金田先生のコラボレーション。

 

いったいどんな作品なのでしょうか?

 

おふたりに、作品のテーマについて尋ねたところ、

 

「今回の作品は宇宙という壮大、

 かつ無限大の空間の中に生まれる秩序(Cosmos)やエネルギー、

 また1人の人間を小宇宙というように

 私たち自身が無限大であるという、

 外的であり、内的である両端を表現したいと思いました」

 

と語ってくれました。

 

その言葉のとおり、

先日行われた通し稽古を見たスタジオスタッフによれば、

 

「暗闇と光が交錯する広く壮大な宇宙空間、

 そこにふと静寂な光に包まれた、

 美しくも神秘的な存在が現れる…

 そんな風に感じました」

 

とのこと。

 

その世界観を、

いったいどんな動きで表現するのだろうか

という興味もさることながら、

踊りと寄り添う音楽や、彩を添える照明など、

演出的な部分も気になるところですが?

 

「音楽は神秘的であり、

 ダイナミックなものを選びました。

 暗と光。

 どちらも互いがあるから生まれるもの。

 ビョークの音楽に合わせて照明をイメージし、

 その空間にダンスというエネルギーが交われると素敵だと思います」

 

暗と光。

 

相反する二つの存在が織りなす物語。

 

無限大の外的空間の中に存在する内的エネルギーを、

 研ぎ澄まされたダンサーたちの身体が

 果たしてどのように表現するのか!?

 

その全貌は、ぜひ劇場で!

 

【リハーサル風景より】

f:id:ichibangai:20160415130120j:plain

 

 

 

 f:id:ichibangai:20160415130249j:plain

 

【穴井豪先生より】

 

☆この作品の見どころは?

 

ソリッドな身体、リキッドな質感。

 

 

ICHIBANGAI-Dance Studio-

第一回スタジオ公演 『ARK』

【日時】

2016年 5月4日(水・祝) 18:00開演

     5月5日(木・祝) 13:00/17:00開演

【会 場】

川崎市民プラザ ふるさと劇場

☆最寄り駅

 田園都市線  梶ヶ谷駅・溝の口駅

 渋谷駅より田園都市線でおよそ15分。

 都心からのアクセスも便利!

 梶ヶ谷駅より徒歩15分。

 それぞれの駅からバスもあります。

 http://www.kawasaki-shiminplaza.jp/access/

【料 金】

前売り  4,500円(税込)

当日     5,000円(税込)

※4歳未満入場不可。

※4歳以上のお子様はチケットが必要です。

 

【チケット】

 ICHIBANGAI-Dance Studio- 

  ℡:03-6273-1759

e+(イープラス)

   http://eplus.jp/

 

【出 演】

二見一幸 加賀谷 香 柳本雅寛 穴井 豪 金田あゆ子

中島 周 佐藤洋介 森川次朗 田保知里 池田美佳 高原伸子

柴 一平 加賀谷一肇 中村真知子 西川 卓

吉川文子 箱田あかね 笹崎南映 大口朋子    ほか