読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミルオドル ~ICHIBANGAI の Dance な日々~

新宿御苑駅徒歩2分「ICHIBANGAI-dance studio-」より、ダンスにまつわるさまざまなお便りをお届けします。

第二回スタジオ公演より、穴井・金田作品のご紹介です!!

みなさま!

公演本番まで、三週間を切りました!

ぼーーーーーーっとしていた私を尻目に、

作品の創作現場は着々と歩みを進めております!

 

今日は、穴井・金田作品『雪降る夜に』の現場から、

リハーサル写真とともに、金田先生がメッセージをくださいました。

 

なんでも今回の作品、

あのバレエ『ラ・シルフィード』が関係している様子。

 

ラ・シルフィード』といえば、

白鳥の湖』『ジゼル』とともに

三大バレエブランの一つに数えられる

代表的なロマンティックバレエ作品。

結婚を間近に控えた人間と、彼に恋をした妖精が織りなす物語。 

 

背中に小さな羽のついた

ふわふわと柔らかな白い衣裳をまとった妖精の姿は、

バレエをさほどご覧になったことがない方でも、

何となく目にしたことがあるのでは??

 

妖精の世界、そして作品タイトルの『雪降る夜に』。

さぞかし夢見るような幻想的な作品…なのかと思いきや??

 

「『ラ・シルフィード』 (仏: La Sylphide) は

 1832年にフランスで初演されたバレエ作品。

 スコットランドの森の中で踊られる

 ジェームズと妖精シルフィードの世界に

 “今”を生きる現代人が迷い込んで。。。

 バレエを観た事がある方も無い方も楽しめる

 笑いどころ満載の作品を目指して奮闘中…

 人間味を楽しんでいただけたら幸いです」

 

笑いどころ満載ですって!?

f:id:ichibangai:20170130142840j:plain

【左から】  金田あゆ子、梶谷拓郎、穴井豪 

 

ほほーぅ、これは、シルフィードとジェームズでしょうか!?

それとも、迷い込んだ現代人???

 

f:id:ichibangai:20170130143030j:plain【左から】  穴井豪、梶谷拓郎

 

おぉう、なんだか格好いいです!!

 

f:id:ichibangai:20170130143126j:plain

 

んっっ!!?!?

 

金田先生の背中に見えるその姿は、もしや!!

 

「スタジオの皆さんが

 一歳の息子を快く受け入れてくださり、

 子育てしながら踊れる機会を与えてくださいました。

 息子と一緒にアニメを観たりする中で、思いついた作品です。

 きっと皆さんに楽しんでいただけると思います」

 

(*^0^*)

  

そして今回、穴井先生、金田先生と共演される梶谷拓郎さんは、

札幌舞踏会出身、ドイツ・ハンブルグの名門

ハンブルグバレエスクールに留学後、同校在籍中より

ハンブルグバレエ団の数々の公演に参加。

同校卒業後はヨーロッパを中心に活躍。

新進振付家の作品を数多く踊るなどの経験を持つ、

気鋭のダンサー。

帰国後は、フリーダンサーとして活動の傍ら、

振付家としても活躍していらっしゃいます。

 

第一回スタジオ公演『ARK』で、

独特の表現方法と存在感で圧倒的な世界観を表現したおふたりと、

梶谷さんが織りなすコラボレーションにも注目必至です!

 

ICHIBANGAI -Dance Studio-

第二回スタジオ公演『Assembly』 は、

2月18日(土)、19日(日)の二日間、

新国立劇場小劇場で行います。

 

公演概要はこちら!!

第二回スタジオ公演『Assembly』

 

どうぞお楽しみに!!