読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミルオドル ~ICHIBANGAI の Dance な日々~

新宿御苑駅徒歩2分「ICHIBANGAI-dance studio-」より、ダンスにまつわるさまざまなお便りをお届けします。

くどいようですが来週末!本番間近!!坂本登喜彦作品のご紹介です!!

みなさん、こんにちは!!

ICHIBANGAI-Dance Studio-第二回公演『Assembly』。

本番までついにあと一週間余りとなりました。

本番に向かう心地よい緊張感が漂うスタジオより、

今日は、坂本登喜彦作品『you are the CARMEN』のご紹介です!!

 

f:id:ichibangai:20170210154228j:plain 

さてさて、どんな作品なのでしょうか!?

浦野芳子さんのルポです! さっそくどうぞ!!

 

 

 

you are the CARMEN

by 浦野芳子

 

あなたが、あなたこそがカルメン!?

出演者リストには10名の女性の名前が並ぶ。

 

「私の作品に出演してくれるメンバーは、この公演のためだけに集まった寄せ集めではなく、このスタジオの特待生と呼ばれ、午前中の私のクラスを受けそのままリハーサルに入り、それによって生まれる身体と音楽の感じ方の方向性を一体化して、その上で一つの作品を仕上げる作業を、今日まで行って来ました。

特待生制度が始まり約一年が経ち、そろそろその結果が求められる時期かと…」

 

坂本がその彼女たちに投げかけたのが『カルメン』というテーマである、古典文学でも、もちろんバレエ作品としても有名な物語のヒロインだ、現代人が失いかけている野生と本能に随い生き、数々の絵と子たちを魅了して生きるカルメンを、10人のメンバーのひとりひとりがそれぞれに表現する。

 

f:id:ichibangai:20170210155433j:plain

 

「『Carmen』という音楽の中で、彼女たちがこの音楽とどう向き合い、舞台でどう輝き、どう表現をするか…、一番輝きの見える者こそが観客から「You're the Carmen」と認められ、作品の終わりにポーズしている彼女達の前を、もしホセが通り過ぎるなら、作品は「to be continued」となり、第2章へと続くのではないでしょうか?」

と坂本は言う。

聞いただけで身体が熱くなり、一緒に足踏みをしたくなるようなビゼーの音楽を思い出すだけで胸が高鳴る。舞台に立つ彼女たちはこの熱さをどう表現してくれるのか、心から楽しみである。

 

f:id:ichibangai:20170210155713j:plain

 

今の時代に、カルメンのような女性は存在すると思うかどうかを尋ねてみた。すると、

「その答えは本番の舞台でお答えしたいと思います」

あなたのカルメンを見つけよう!

これぞ舞台芸術の至高の味わい方である。

「足りない答えは舞台で頑張らせていただきます」

 

 

 

 

第二回公演『Assembly』は、2月18日(土)、19日(日)の二日間、

新国立劇場小劇場で上演します。

 

公演概要はこちらから

 

第二回スタジオ公演『Assembly』

 

ぜひ劇場に足をお運びください!!