読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミルオドル ~ICHIBANGAI の Dance な日々~

新宿御苑駅徒歩2分「ICHIBANGAI-dance studio-」より、ダンスにまつわるさまざまなお便りをお届けします。

5月スタジオ公演より、坂本登喜彦先生作品のご紹介です!

ゴールデンウィーク真っ只中に開催する

ICHIBANGAI-Dance Studio-第一回公演『ARK』、

本当に本当に、目前に迫ってまいりました。

 

これまでにご紹介してきたコンテ作品

加賀谷作品「Anchor Night」

二見作品「BARBAROI」

柳本作品「ジャーゴンの詩」

 

そして、バレエ作品の

穴井・金田作品「Black in-Worm out」

今間作品「オーボエ・コンチェルト」

 

に加えて、最後にご紹介するのは、

坂本登喜彦先生によるバレエ作品「Modern Ladies」です。

 

坂本先生ご自身が作品解説を寄稿してくれたので、

そのままご紹介したいと思います!

 

 

【作品解説】

ストラヴィンスキーの名曲にのり、

シャープなポアントワークで踊りまくる女性ダンサー達。

様々な表情を見せる彼女達は、

時にはライバルのように競い合い、

時には姉妹のように優しくいたわり、

時にはゴージャスに気取り合い、

そして怪しい関係にも…。
彼女達の名は「Modern Ladies」

 

 

【演出のポイント】

全体にモノトーンでシャープに世界観を作るが、

表現する踊り手達は、

シンプルな人間性を外に出す。

ストラヴィンスキーの奏でる多彩なメロディが、

様々な人間模様を表出する。

 

 

【ARK公演によせて】

様々なジャンルの舞踊が融合するICHIBANGAI Dance Studio。

その一員として、新しい船出に挑戦する喜びを、

仲間達と共に味わいながら、第一回公演に参加する。

波は高いほど、越えた達成感も未知の領域。
本番当日まで、その準備は続く…

 

<以上、坂本先生より>

 

 

多彩なメロディに乗せて描かれるさまざまな人間模様。

それらを紡ぎだすのは、

ICHIBANGAI-Dance Studio-の特待生たちです。

 

f:id:ichibangai:20160427143614j:plain

<作品衣裳を身にまとった9人の特待生>

 

ICHIBANGAIでは、公演活動と並行し、

これからのダンス界を担う人材の育成という面にも力を入れたいという思いから

スカラシップ制度を導入しています。

その第一期生として選ばれた9名の女性ダンサーたちが、

坂本先生の指導の下、この作品でその実力のほどを披露します。

 

ご自身が積み重ねてきたダンサーとしての歴史を踏まえ、

創作と育成の両面からこのスタジオの中枢を担う坂本先生。

 

「あなたにとって踊りとはなんですか?」

 

この先、具体的に何を目指すでもなく、

何かを目指せるほどの技術も経験もなく、

それでもただただ好きだという想いだけで踊り続けている私が、

ことあるごとにいろんな方に問いかけている永遠のテーマ。

 

そんな問いかけを坂本先生にも投げかけてみました。

 

素敵な答えが返ってきました。

 

「僕にとって踊りとは…、それは人との繋がりなような気がします。
バレエを始めて踊る心を教わり、楽しさを覚え、

集団で一つのものに向き合う感動を体感し、

達成した涙を経験する。

まさしく、1人では成し遂げる事の出来ない、

人と繋がらないと成し得ない、唯一無二の世界だと強く感じます。

 

ゆえに、人との出会いが一番大切であり、

公演の一つ一つが新しい出会いにより支えられ、

その時その場所にいたもの同士がインスピレーションを出し合い創り出す、

新しい創造物であると考えます。

 

明日、誰と出会うかわからない楽しさを、日々の幸せと感じていれば、

特別に余暇や趣味はそれほど必要もなく、

毎回感動できる箱根駅伝と、稀に出会う秀作映画やドラマに、

時間の経つのを忘れることが、

踊り以外の数少ない贅沢かもしれません」

 

 

ICHIBANGAI-Dance Studio-は、

踊りを愛するすべての方に、

すべての方の想いに応えたい、

そんな気持ちで日々、活動をしています。

 

その活動の大きな一歩となる第一回スタジオ公演『ARK』。

客席から一緒に、みなさまにも参加していただけたら嬉しく思います。

 

『ARK』=方舟に乗って、

ダンスの大海原にともに繰り出しましょう!

どうぞよろしくお願いします。

 

 

ICHIBANGAI-Dance Studio-

第一回スタジオ公演 『ARK』

 

【日 時】

2016年5月4日(水・祝) 18:00開演

            5月5日(木・祝) 13:00/17:00開演

 

【会 場】

川崎市民プラザ ふるさと劇場

☆最寄り駅☆

田園都市線  梶ヶ谷駅・溝の口駅

渋谷駅より田園都市線でおよそ15分。

都心からのアクセスも便利!

梶ヶ谷駅より徒歩15分。

それぞれの駅からバスもあります。

http://www.kawasaki-shiminplaza.jp/access/

 

【料金】

前売り    4,500円(税込)

当  日      5,000円(税込)

※4歳未満入場不可。

※4歳以上のお子様はチケットが必要です。

 

【チケット】

everevo

     http://everevo.com/event/30511

ICHIBANGAI-Dance Studio-

     ℡:03-6273-1759

e+(イープラス)

     http://eplus.jp/

 

【出 演】

二見一幸 加賀谷 香 柳本雅寛 穴井 豪 金田あゆ子

中島 周  佐藤洋介  森川次朗 田保知里 池田美佳 高原伸子

柴 一平  加賀谷一肇 中村真知子 西川卓

吉川文子 箱田あかね 笹崎南映 大口朋子   ほか